WORKER働く人を知る

訪問看護ならではの寄り添った看護

訪問看護職員(管理者)白石 晴美

【上司のコメント】
頭の中がすっきりと整理されているなあという印象をうける切れ者でありながら、同僚・他職種に対しても丁寧な対応ができる気持ちのいい方。ただし酒豪。

訪問看護の仕事は不安しかありませんでした。

一緒に働いていた先輩に誘われて始めた訪問看護の仕事ですが、最初は本当に不安しかありませんでした。総合病院で長く経験を積んできた私にとって全く違う分野に感じたからです。ドクターがいない所で、自分一人で判断・対応していかなくてはならない場面への不安は相当なものでした。

病院看護では難しい、一人のご利用者と生活の場でゆっくり関わって
一緒に歩んでいくという感覚

訪問看護は、幅広い医療スキルや知識が必要です。そのため日々勉強や努力をしなくてはなりませんが、ご利用者やその家族と信頼関係を築くことができ、寄り添った看護をすることができます。これば、病院看護では感じにくい感覚で、ご利用者から学ぶことも多いため自分自身の成長にもつながるかと思います。

敬仁会は、一言でいうと働きやすい職場です。

敬仁会は、多くの介護事業を積極的に展開しており、将来的にも安定していると思います。福利厚生や教育面でもしっかりとした制度があり、上司も話を聞いてくれ誠実に対応してくださいます。また、ICT化にも積極的で、タブレットでの記録のため手書きメモの転記等の二度手間がなく、慣れてしまえば非常に時間短縮がはかれ、ご利用者との関わりにより時間を割くことができます。

今、訪問看護の仕事を考えている方へのメッセージ

誰しも最初は未経験です。不安な気持ちは私も十分にわかります。少しでも訪問看護に興味のある方・可能性を感じる方はしっかりとサポートさせていただきますので、一歩を踏み出していただきたいと思います。また、経験者の方も大歓迎です。一緒に地域の在宅医療・介護を支えていきましょう。


働く人を知る一覧へ